英会話教室に通う頻度やおすすめのレッスン方法について

英会話教室に通う頻度やおすすめのレッスン方法について

「話す」だけが英会話の勉強ではない

キーボードを触る様子

「英会話を学ぶ・練習する」というと、どうしても「話す」ことだけに重点を置いて考える人が多いです。でも「会話」は何も相手があって・声に出して何か話すことだけが学習方法ではないのです。「会話」は何か話す内容があって始めてできるものです。話す内容が何もないのに「会話」することはできません。「英会話」が「できるようになりたい」という人はどういうイメージを思い描いているのか今一度検討しなおしてみることをおすすめします。
仕事で「英語を使って相手と交渉する」ことが必要ということであれば、自分の仕事に関する英語の表現や単語などを中心に勉強しないと「会話」はできません。でも実はこんな風に「英語を使って何をするか」の目的がはっきりしている人ほど英会話が上達する速度も率も高いのです。
もし「英会話を学習する目的」が「英語を使った友達作り」という場合は、まずは「英語で読書」からやってみることをお勧めします。英語で知識を頭に入れる、ことで「英語を使って何か表現する」ということがしやすくなります。趣味の話でも料理でもなんでも構いません。「自分が英語を使って話ができる」ネタを仕込むわけです。
少しずついろんな話題を集めてみましょう。知識が増えたら英会話カフェなど利用して腕試しです。繰り返すことで英会話に対する自信がついてきます。

PICK UP CONTENTS

TOP